パスアップの特徴は コミッションの計算対象となる売り上げの「下限」の設定がないことです。

オーバーライドには「何レベル先まで」という払い出しの限界点が設けられていますが
パスアップにはそれがありません。
パスアップは 「一定の基準額を 下位から上位へ永久繰り上げていく」という特殊な計算方法があるためです。
オーバーライドの払い出しを金額を決定する要素は「何レベル先まで何%なのか」の2項目ですが
パスアップの払い出し金額を決定する要素は「定められた基準額と還元率(%)」という2項目になります。
一定の基準額を上位に繰り上げていく計算方式です。
基準額をパスして繰り上げる(アップする)こと~が パスアップの意味になります。
オーバーライドがレベルの制限と還元率によって払い出しの限度を設けているのに対して
パスアップは 基準額と還元率によって払い出しの限度を設けています。
また パスアップはアクティブが1系列では報酬に反映されません。
なぜなら いくら直下のダウンがアクティブで売上が高くても
パスアップは直下の系列から一定の基準額しか上がらず
その分も自分のアップへパスアップされるからです。
パスアップは1系列伸びより何系列かが売上は多少少なくてもアクティブである方が
系列ごとに一定の基準額の範囲内で 権利収入を得ることができます。