2012年7月17日(火)
米Googleが2012年4月25日に発表した
ウェブスパムをターゲットとした新しい検索アルゴリズムの適用
通称「ペンギンアップデート」により
キーワードによっては 大幅に順位の変動がありました。
ウェブスパムとは
有料でリンクを買い故意に被リンクを増やしたり
大量の自作自演のサテライトページ・ブログをつくりそこから被リンクを貼ったり
あたかもそのページが質が高く有益なサイトであるように見せかける
検索者にとって不利益であると判断されたウェブページをさします。
今までもきちんと作りこまれた優良サイトは上位の常連さんでしたが
ペンギンアップデートにより
さらに 人にやさしい 私達が知りたい情報が得やすくなってきたのかなぁ・・・
人に近づいた検索結果になってきているのかなぁ・・・^^
という印象をうけます。
ちなみにペンギンアップデートの前に
世界的にパンダアップデートと呼ばれるアルゴリズムの改訂がありました。
これは「中身のないサイト排除」の始まりでした。
幸い?日本語サイトは 日本語翻訳の技術が十分でないため適用出来ず
現在もパンダの適用はされていない といわれています。
が ペンギンでも十分 同様の効果はあるような気がします。
極端な話 これからのSEOは被リンクに関係なく
中身の充実したサイト・ブランドが確立されたサイトが上位表示を果たす
中身勝負で十分上位が狙えるようになった~とさえ言われています。
私も ここセミリタイア。サイトはもちろん
通販のサイトもコツコツ地道に構築をしているのですが
それだけ手をかけていくと
とてもサイトが愛しく 自分の分身のように想えてきます。
それは十分訪問して下さる方にも伝わるらしく
おかげさまで ゲストさんには好意的に受け取っていただき
それこそが「私ブランドの確立」かなぁ・・・と
ありがたく想っています。
ぜひ あなたもご自身のサイトを愛情を持って作成していただきたいと想います。
あなたの伝えたいことが きちんと伝わるサイトにしていただきたいと想います。
そうすれば googleもその想いにきっと応えてくれる
そう信じています。
変な話。(笑)