2015年4月3日(金)

作成中のゲストさんへ送る資料~テスト版をワードで作成し
マックユーザーさんでもカスタマイズしていただけるよう
WIN・MACそれぞれで相互性のある「オープンオフィス」で
再編集しようと試しましたが

ワード⇒オープンオフィスが あまりにも使えない状態・・・で
愕然としました。。。

ワード⇒オープンオフィスを諦め
何とかならないかなぁ・・・と 想い 調べまして


見つけたのは マイクロソフト「オフィス」オンライン版。
https://office.live.com/

https://onedrive.live.com/

このサービス 実は結構古くからあったんですね~。
知りませんでした。

古い歴史を紐解くと
『「Office Online」は、2009年以来提供されてきたOffice Web Appsの名称を変更したもので、・・・中略・・・これだけの無料サービスでありながら、Office Onlineの存在はその価値に見合う認知度を得ていない印象がある。「Office Web Apps」というわかりにくい名称のため、アプリケーションをインストールする必要があるという誤解を招き、Webブラウザーだけで利用できることが理解されていなかったことに加え、Office Web Appsを利用するために、なぜかSkyDrive.comという無関係に見えるサービスにログインし、ドキュメントを作成する必要があったことも原因として挙げられる。』
(引用:http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140221_636298.html より)

そうだったんですね。。。
確かに 何か特別なことが必要なのか・・・と想わせるわかりにくさ(笑)
あるかも・・・

また 無料版なら使えるツールも限定されているのでは・・・
と 無料はやっぱり無料よね って 想われていたかもしれません。

昨日の検索で~なんとなく使えそう♪と想い試用してみました。

これならPCがWINだろうがMACだろうが
関係なく ブラウザで作業していただけるかも?(≧▽≦)


見つけたは良いものの 使い方が不慣れで
データのアップロード法がわからず 苦戦しました。(笑)

PC版ワードでファイルを開き 「保存と送信」で
「WEBに送信」 マイクロソフトワンドライブの中に保存~というかたちで
オンラインにアップロード。

これだと PC版マイクロソフトオフィスを持たない
マックユーザーさんは PCから該当ファイルを
アップロードしていただくことが 出来ないなぁ・・・と
問題をかかえながら とりあえず
データの共有で 私がアップロードしたものを
編集していただくことに。


その後 データのアップロード箇所がみつかり。^^*

これならPC版マイクロソフトオフィスワードがなくても
ファイルそのものをダイレクトにPCからWEB上にアップロードしていただけるので
マックユーザーさんにファイルをそのままお渡ししても
オンラインでワードファイルの編集をしていただけるかな♪^^*

ということで ワードファイルもマックユーザーさんと共有出来るようになりました!

パートナーみなさんにも ゲストさんへ送る資料を
お渡し出来 とりあえず一安心。


もっと マイクロソフトオフィス オンライン版 認知されても良いよね~。

2009年っていったら 私がビジネスに参加した年ではないですか!!♪

知ってたらパートナーさん達ともっと早くシェア出来たのに。。。

使える機能は限定されるかもしれませんが
PC版オフィスで基を作成したものを オンラインで少しのカスタマイズ~なら
問題なく使っていただけるのではないかと 期待しています。