あなたがネットワークビジネス・MLMに参加しようと想ったとき
その会社が どんな会社であるのか
十分調べてみてから決めても遅くはありません。


最近はネットで簡単に情報が収集出来るようになりました。

会社名・「評判」「訴訟」「詐欺」「トラブル」といったキーワードで検索すると
過去にどんな問題があったのか調べることが出来ます。

が ここで注意したいのは
まず それらの情報全てが事実かどうか ということです。
ニュースサイトや 大手MLM関連ポータルサイトなどの情報なら
間違いはないでしょう。

中には個人的な悪意に満ちた偏った情報が含まれていることもあります。

また どんな企業であっても 会社の規模が大きくなれば
トラブルや訴訟があって当然です。

一流企業であっても
日々クレームやトラブルなどの処理はしています。

これは ネットワークビジネス・MLMだけに限ったことではありません。

そういう中立的な判断も必要です。


一番重要なのは
問題が起こったとき
「その原因が会社側にあるかどうか?」
「そのトラブルに対して会社側はどう対応をしたか?」
ということです。


例えば
あるディストリビューターが個人的に
悪質なリクルートを行っていたことが原因で起こったトラブルなどについて
「会社に全責任がある」とするのは気の毒というものです。


もちろん会社にも
そういったトラブルを未然に防ぐ努力は必要です。
最近では そういう教育をしっかり義務付けている会社もあります。

が ネットワークビジネス・MLMの場合は
基本 各会員は個人契約の事業主であり 社員ではないため
一般的な会社のように 社員教育や業務監視などを行うことはできません。

責任はやはり個人にあると考えます。


会社側のトラブルとして考えられるのは
製品に問題があったり(これは問題外ですね。笑)
契約内容にそった補償や対応をきちんと行っていない
などの理由で苦情があがっている場合。

それが たびたび訴訟に発展しているようなら
残念ながら 会社の対応が悪い~と 考えざるを得ないでしょう。

また
グランドオープン前とか縁故募集などという宣伝で声をかけられた場合・・・
誰から声をかけられたか・・・にも よるのですが

知った人から声をかけられた場合は
会社の業績等は見込みで判断するしかありません。

あとはその人と心中出来るかどうか? ~って言ったら大げさかな?(笑)


注意したいのは 創立者。
名前で検索して過去に問題のある事例等がHITした場合
同じことを繰り返す可能性が大きいです。


縁故募集とは』でもお話した通り
これらの参加は 博打と同じです。


ありがたいことに? 私も色々な会社の方から
お声をかけていただくことも多いのですが

全く見ず知らずの方からいきなり声をかけられた場合
私は「カモ」として考えられてる~と 判断します。

そんな博打 打てません。

ましてや 海のモノとも山のモノともわからないモノに対して
パートナーのみなさんを道連れにして・・・ なんてこと

恐ろしすぎて出来ません。。。

きちんと真面目に取り組もうと考えている方なら
ある程度知り合いになって 信頼関係が成り立ってから
「この人となら!」と想うのではないでしょうか?


最後は自己責任 後悔しませんように。。。