ネットワークビジネス・MLMの話をすると 「それってねずみ講でしょ?」と言われることがほとんどです。

じゃぁ 「ねずみ講」って何?
ネットワークビジネス・MLMとの違いはわかりますか?



「ねずみ講」は 参加者に金品を出させて自分の配下に配置し
新しい参加者が加入するたびに配下に配置。
その参加者から得られた金品を 上層(先に参加した者達)で分配する仕組みで
法律上は無限連鎖講とよばれる違法行為です。

無限連鎖講とは

金品を払う参加者が無限に増加するという前提において、二人以上の倍率で増加する下位会員から徴収した金品を、上位会員に分配する事で、その上位会 員が自らが払った金品を上回る配当を受けることを目的とした団体の事である。人口が有限である以上、無制限に成長する事が絶対的に有り得ないため、日本では無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されている。 親会員から子・孫会員へと会員が無制限に、ねずみ算的に増殖していくシステムから、一般的にはネズミ講と呼ばれる。
( フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


例えば
創始者はAさんに2名勧誘するよう言い渡され
Aさんは2人の会員Bさん・Cさんを勧誘します。

Bさん・Cさんは入会金としてそれぞれ2万円ずつ支払い
支払われた入会金は創始者とAさんの懐に入り
Bさん・Cさんはさらに
それぞれ2人の会員を勧誘するように指示されます。

BさんはDさん・Eさんを CさんはFさん・Gさんを勧誘し
それぞれに2万円ずつ支払わせます。
その支払われた入会金は 創始者・Aさん・Bさん(Dさん・Eさんの分)
また創始者・Aさん・Cさん(Fさん・Gさんの分)で山分けされます。

このようにして集まった入会金を 上位の会員で山分けし
下位層は利益を得るために さらに新しい会員をどんどん勧誘しようとします。

これが「ねずみ講」です。


利益の分配方法には色々なパターンがあるようですが
儲かるのは創始者や先に参加した一部の上位の人間だけで
下位の会員・最後に参加した会員は支払うだけで何の利益もありません。

加えて人口には限りがあるので このシステムはいつか必ず破綻します。

「1人が2人」~の勧誘を30回も繰り返さないうちに
日本には勧誘する人がいなくなります。

一部の上層だけが大きな利益を得て残りはほとんど被害者になります。
下位層は 自分が支払った金額分も配当はもらえません。


最近ではネットの普及もあり手口が巧妙化し
「会員になればビジネス活動が出来る権利」が得られるだけのものもあります。
または「ねずみ講」とばれないよう 形だけの物品が支給される場合もあります。


くれぐれも「ねずみ講」は違法ですので 参加しないようにお気を付けください。