ドイツ在住 海外組 老後のゆとりある生活を考える 遠藤 夏美さん♪



endou.jpg

【氏名】遠藤 夏美(えんどうなつみ)
【誕生日】昭和27年7月21日
【血液型】
【家族構成】 夫と子供2人(成人しています)
【趣 味】音楽鑑賞、ゴルフ、ドライブ、旅行
【モットー】健康でいれば好きな事が出来る!
【好きなこと】ドライブ、旅行、ワイン(心休まるひと時を大事にしています)
【仕 事】専業主婦
【住 所】Heinrich- Delp- Str.234
            D- 64297 Darmstadt (Germany)
【TEL】+49 (0)6151 4922150
【FAX】+49 (0)6151 537810
【メール】info*ruby7gold.sub.jp
※ ご連絡はメールでお願いします。 「*」を@マークに変えて下さい。
【運営サイト】 ネットワークビジネスで海外への道

ドイツからサポートします♪



私はドイツ在住の主婦です。
留学を機にドイツ生活が始まりました。
ドイツ語は、日本でごく初歩を勉強し、こちらに住み始めてから現地の市民大学(VHS)に通って習いました。ドイツ人の夫は日本語がほとんど話せませんので、子ども達との会話は日本語ですが、我家の共通語はドイツ語です。ですが、ドイツ語はくせ者。
ドイツ在住30年以上になりますが、恥ずかしながらいまだにドイツ語はドイツ人のように駆使できません。

就業中の夫が退職まで元気で働いてくれれば幸いですが、『もし何かあったら』と思うと専業主婦の私は心配でなりません。

夫の定年退職後の年金は、現在の給料の75%です。老後は、若い頃に比べて子供にお金がかからなくなる分、楽になりそうなものですが、それは大変な間違い‥!という事に気付きました。
歳をとれば、若いときよりお金が必要です。自分で出来なくなれば他人に頼る他は無いのです。無料ではして頂けません。

そして又、この世界的不況の中で毎月の収入は変わらないのに、物価は上がる一方です。
ドイツでは、増税(19%)されましたし、いつ又新たな増税の話が持ち上がるか分かりません。

将来がたまらなく不安です。

ドイツでも国を頼れない時代になってきています。

「自分の老後は自分自身で」と考えるしかありません。

これが、私がネットワークビジネスを始めた本当の理由です。

私は、今このインターネットビジネスに出会えた事を心強く思います。
日本では、未だにネットワークビジネスへの偏見や間違った情報が伝わっていますが、「そこにこそ、このビジネスの可能性が多いに存在する」と私は考えています。なぜかと言いますと、そのような偏見の為、今も参加者がごく少人数だからです。それが意味するのは......市場が無限に広がっている......という事なのです!私は、このビジネスに大きな夢を抱いて取り組んでいますが、予想以上に好調で、半年後、1年後の生活への大きな希望に胸がふくらみます。

現在、パートナーの皆さんが、将来ゆとりある生活を獲得する為に日々活動しています。
毎日が充実してとても楽しいです♪

ネットワークビジネスで海外への道