多くの方が持つネットワークビジネス・MLMのイメージは
「大勢の人をリクルートし 商品を売り 権利収入を得る」ではないでしょうか。



確かに。^^*
私達ディストリビューターのはじめのお仕事は
「多くの人をリクルートすること・商品を紹介すること」なのですが
それは最初のうちだけで ネットワークビジネスのお仕事は実はそれだけではありません。


例えば あなた自身がリクルートに長け 多くのメンバーさんをお迎え出来たとしても
メンバーさん達が ご自身の力で新しい方をリクルート出来なければ
あなたのグループは あなた一人のリクルートのみでボリュームを維持・拡大させることになります。

そうなるといつまでもあなたはリクルートを続けなければならず
ある程度グループが大きくなったら 悠々自適に~という『権利収入』とは程遠い
過酷な『労働収入』に限りなく近い状態になります。


そうならない為に あなたは あなたの元から参加されたメンバーさんが
あなたと同じようにリクルートが出来きるよう メンバーさんを育成する必要があります。

つまり メンバーさん参加後のあなたのお仕事には
『メンバーさんの育成』または『ダウンラインさんの育成サポート』
も加わってくるということです。

あなたはリーダー・アップラインとして
メンバーさんを育成し グループを大きくしていかなければなりません。

もちろん サポートばかりではなく
リクルートもある程度し アップとしての背中を見せることも大切です。

つまり ネットワークビジネスのお仕事とは
「多くの人をリクルートすること・商品を紹介すること」
のほか「メンバーさんを育成すること」になります。

どちらかというと「メンバーさん育成」のお仕事の方が
あなたのグループを大きくしていくためには 重要になってきます。



ちなみに・・・ 一般に「リクルート」というと
『ディストリビューター側から積極的にお声をかけてお誘いをする』
という従来の口コミビジネスの方法を連想されるかもしれませんが
インターネットを介して行う私達の活動では
こちらから「お誘いをする」ことは一切致しません。

あなたのグループを大きくしていこう~と考えるならば
こちらから誘ってリクルートする~ということがどれだけ割に合わないか痛感されるでしょう。
(これは 口コミであってもインターネットであっても同様です。)

言葉は悪いのですが
「誘う」という時点で誘われた側にとっては「受け身」の出来事となることが多く
参加されたとしても「仕事をしてあげる」という意識のまま
参加後も「積極的には動かない」方が多いです。

あなたからはじまるグループを確実に大きくするためには
自発的に興味を持っていただき 前向きにビジネス活動をされる方に参加していただくのが一番です。

動かない方を大勢リクルートするより
少人数でもしっかり働く方をパートナーとして迎える方が
あなたのグループは確実に大きくなります。

私達のネットワークビジネス インターネットでの活動では
こちらからお声をおかけする(お誘いをする)ことはせず
興味のある方が自ら手を挙げていただき ご参加いただくので

どちらかというとリクルートよりもダウンさん育成の方に力が入れられ
とても効率良くお仕事が出来ます。

あなたがディストリビューターであるなら
『ネットワークビジネスの仕事とは
「リクルートすること」より「ダウンさんを育成すること」の方が重要である』
と シフトチェンジされれば おのずとグループボリュームを上げることが出来るでしょう。

ぜひ 意識をかえてみて下さい!