はい。今年も確定申告の時期がやってまいりました。
我が家は自営業なので 家の分と私の分と 毎年この時期は レシートと書類と奮闘です。(笑)

そもそも確定申告ってなんでしょう?



1年間(1月1日~12月31日)の「所得」とそれに見合う「所得税額」を計算し
そこから算出された税額をおさめる手続きをすること を 確定申告といいます。

納税は日本国民の義務です。

サラリーマンの方はお給料から月々税金が天引きされていて
もしも払い過ぎている場合は「年末調整」として精算され払い過ぎた分がかえってきます。

一方 我が家のような自営業や
ネットワークビジネスに携わっているディストリビューターの方々は個人事業主になるため
納める税額戻される税額を自分で計算して申告する必要があります。
これが 確定申告です。


あなたがいただいているコミッションは 基本10%の源泉所得税がひかれて
振り込まれているでしょう。
※ 外資系の場合は その限りではありません。

しかし これは暫定的に所得税がひかれているだけで
1年間のトータルの所得から計算すると 所得税を多く払い過ぎている場合もあります。

経費がかかりすぎて 実質的には赤字である場合なども
所得税を払い過ぎていることになるでしょう。

そのため 確定申告で1年間で得た収入に対する正しい所得税額を計算し
払いすぎた分は しっかり返してもらうことも必要です。
これは れっきとした 国民の権利です。

損をしないよう しっかり収支を算出しましょうね。

では どんな人が確定申告をするのでしょう?

【確定申告をする必要がある人】
ネットワークビジネスを専業で取り組まれていて
所得(収入-経費)が1年間に38万円以上あり
コミッションから源泉所得税をひかれていない人。

また 副業でネットワークビジネスに取り組まれていて
ネットワークビジネスでの所得が1年間に20万円以上の人。


【確定申告をした方がいい人】
コミッションから源泉所得税がひかれている人。
1年間の所得をトータルすると 経費が計算されていないため
源泉所得税を払い過ぎている場合があり
お金が戻ってくる可能性があります。


【確定申告の必要がない人】
ネットワークビジネスに取り組まれてても収入がなかった人。
所得が1年間に38万円未満で 家族の扶養に入っている人。


次に 確定申告ってどうすればいいの?

1.領収書をそろえましょう
1年間の領収書や保険・国民年金などの控除証明書・主宰会社から発行される支払調書などをまとめます。

2.確定申告書類をもらいましょう
税務署で「確定申告書様式B」と「収支内訳書」をもらいます。
書類は 税務署に出向くか 郵送で受け取ることも出来ます。
また 国税庁HPの「確定申告書作成コーナー」でデータを入力し
プリントアウトすることも出来ます。

前年に確定申告をしている場合は 通常は税務署から書類が送られてきます。

3.確定申告書を作成しましょう
収入・経費・所得控除などを記入して 納税額を算出します。
申告書類と一緒に「所得税の確定申告の手引」ももらえるので
それを参考にしながら 記入していきましょう。

4.確定申告書を提出しましょう
例年 3月15日までに税務署に書類を提出 納税します。
書類は郵送でも提出できます。


さて さらに踏み込んで
どこからどこまでが「経費」になるのでしょう?


「経費」とはビジネス活動を行っていく上で必要なお金のことです。

経費は収入の何%まで~という決まりはありませんが
あまり経費をかけ過ぎると それなりの所得がないという理由で高額なローンが組めなかったり
税務署から疑問をもたれチェックが入りかねません。^^;
それに あまり経費がかかりすぎていては 実際問題ビジネスとして生計を立てていけません。

日頃から収入と経費とのバランスを把握しながら ビジネスを行うことが大切です。

さて 経費として計上出来る科目ですが
申告書にあらかじめ記載されている科目以外でも
例えば下記のような必要経費を加えることが出来ます。

『見本品費』・・・サンプルを配るために購入した商品にかかった費用

『研修費』・・・セミナーなどに参加した費用

『新聞図書費』・・・勉強のために購入した雑誌や書籍などにかかった経費

具体的にネットワークビジネスでかかる経費として考えられるのは
家賃・駐車場代 → 『地代家賃』
プライベートと共用している場合は 仕事として使っている割合を経費として計上できます。

車の修理費 → 『修繕費』
車を仕事として使っている割合を経費に入れられます。

セミナー参加費 → 研修費
セミナーやコンベンションに参加するための費用は「研修費」として経費として計上できます。

宿泊代・交通費 → 旅費交通費
ホテル代や新幹線代などはもちろん 領収書が発生しない電車代・タクシー代なども日にちや金額をメモしておけば経費として認められます。

雑誌・書籍・新聞代 → 新聞図書費
ビジネスの勉強に必要だった新聞・雑誌。書籍は「新聞図書費」として経費に計上できます。

喫茶代 → 会議費
ミーティングを兼ねたアフター リクルート中の相手とのお茶代などは経費に計上できます。

祝儀・香典 → 接待交際費
メンバーやリクルート中の相手などへのお祝い・香典なども 常識の範囲内で経費として計上できます。
領収書が発生しないため 日にちや金額をメモしておきましょう。

携帯電話料金・電話料金 → 通信費
プライベートで共用している場合は 仕事として使っている割合を経費として計上できます。

水道・ガス・電気代 → 水道光熱費
自宅兼事務所としている場合は 仕事として使っている割合を経費として計上できます。

お中元・お歳暮 → 接待交際費
メンバーやリクルートしようと考えている相手などへの贈り物は 常識の範囲内で経費として計上できます。

はがき・切手代 → 通信費
メンバーやリクルートしようと考えている相手などへの年賀状・暑中見舞い・挨拶状などは「通信費」として経費に計上できます。
ただし 私用とはわけます。

衣装代 → 消耗品費
ビジネスとしてどうしても必要な衣装であれば経費として計上できます。
ただし コンベンション表彰用などの 転売価値の高い宝石などは認められにくいです。

インターネット代 → 通信費
プライベートと共用している場合は 仕事として使っている割合を経費として計上できます。

ドメイン管理・サーバーレンタル代など → 通信費
宣伝用のサイトを独自ドメインやレンタルサーバーを用いて運営している場合は 「通信費」として経費に計上できます。

リードメール・メルマガなどの宣伝 → 広告宣伝費
インターネット上で宣伝活動をした場合は 「宣伝費」として経費に計上できます。


・・・さて いかがですか?^^


ディストリビューターの方は個人事業主になりますから
最初は お小遣い帳の感覚で 記帳をはじめるとこの時期の作業が楽になると想います。

日頃から少し意識して 確定申告が大変にならないようにして下さいね!


そして しっかり確定申告をして胸をはってネットワークビジネスに取り組みましょう!

【関連記事】MLMが会社にバレたら困るのですが・・・