ちょっと前に 学生さんから資料請求をいただきました。
私達の取り組んでいる会社もそうですが
一般に 学生さんのビジネス参加を禁止している会社が多いです。
参加に前向きなご意向をいただきましたが
学生さんはNGということで 理由をお話しました。

・・・ココから 私が学生さんに宛てたたメールです。

Tさんのお気持ち 確かに承りました。
大変嬉しく想うのと同時に
Tさんが心配されている通り
学生さんということで
私もお返事をしばし保留させていただいておりました。
お待たせして申し訳ありません。
なぜ 学生さんがNGなのか。
昔 ある学生さんがビジネスに参加されました。
その学生さんも 今回資料請求をいただいたTさんのように
とてもまっすぐな方で^^
参加後 一生懸命にビジネスに取り組まれました。
その学生さんは
学生のネットワークを利用し
~つまり級友の方々・先輩・後輩に口コミをし~
あっという間に 学生さんの間で広がり
大きな組織が出来あがったそうです。
が その学生さんは
組織が大きくなったこと
=成功したこと
=大きなお金が手元に入ってきたこと等
で 魅力にとりつかれ
本来の本業である学業そっちのけで
ビジネスに没頭され ついには 大学をも辞められたそうなんですね。
また 紹介された学生さん達も
ビジネスに熱中するあまり 学業がおろそかになり
結局はどちらも上手くいかない・・・という学生さんも出
大きな社会問題にもなったそうです。
学生さんの本業は学業デス。
ですので Tさんにも
「学業最優先」「就職活動最優先」で
いていただきたいのです。
ビジネスは「自己責任」です。
成功するもしないも ご本人次第ですが
本来の学業をおろそかにし
そして結局ビジネスも上手くいかなかった・・・では
ビジネスに取り組んでいただく意味もありません。
また 私達のグループは
ネットを介してビジネス展開をしていますので
先の話のような 学生の口コミで展開していただきたくない
ということもあります。
私達のビジネスは商品を流通させることですが
コミュニケーションビジネスでもあります。
しっかり 社会経験もしていただきながら
ビジネスにも取り組んでいただきたい
そう考えています。
その上で Tさんに成功していただきたい と想っています。
あくまで 副業 として 考えていただけるようでしたら
いつでも 大歓迎です!
もちろん 大学を無事卒業され
その時に 本業としてやっていけるだけの基盤が出来ていたら
本業として考えていただいても良いと想っています。
が まずは 学業を最優先していただけますか?
Tさんのお気持ちの中で
1.学生生活(卒業・就職すること)
2.
3.私達のビジネス
くらいで いていただければ ありがたいです。
いかがでしょうか?
manami

そして 今日 Tさんより お返事をいただきました。
返信有難うございます。学生がダメな理由はそういったところだったんですね。納得しました。でも今回、manamiさんから頂いた資料に目を通し、一層ビジネスへ挑戦したいという気持ちを持つことができました。有難うございます。
今は教えて頂いたと通り、学業に専念したいと思います。あとは自分も去年から読み始めた金持ち父さんシリーズを読むなどして知識や考え方をしっかりと自分のものにしたいと思います。今回は色々と有難うございました。よろしければ今後も色々と教えて頂けるとありがたいです。

ありがとうございます。。。
喜んで お手伝いさせていただきます。
いつか ご一緒できる日を 楽しみにしています♪