2011年6月14日(火)

いきなり
ショッキングなタイトルで申し訳ありません。(苦笑)

みなさん こんにちは。セミリタイア。のmanamiです。
いつもありがとうございます。


数日前に 問い合わせ下さった方から

「ダウンさんダウンさんて金ずるでしょに!!!
まやかしの友情振りかざして偽善もいいとこ!!!」

と 言われました。


私がこの方をお断りしてからの言葉です。


『私のサイトでご紹介しているパートナーさんの中で
ご希望の方がいらっしゃいましたら 私を含めお選びください。』

と お伝えしていました。

「もしもわたしの行動利益が影響するなら
嫌いな人間を儲けさせたくない心理が働いてしまいます」

「アップを選んだけどやっぱり違うしこの人は無理
 なんか性格が合わない と思ったら
 アップの人を変更できますか?」

と 何度となく(正確には 私がお返事をするまでに5通)
アップについての不安・不信を送られてきました。

これまでのご経験で
アップに対してのトラウマが強くおありだったようです。

私の方でも もう少し この方のお話を伺いすれば良かったのでしょう。


ですが
私はセミリタイア。サイトで

「人とのつながり 仲間を大切にして下さる方を 募っています。」

と お伝えしています。

それがこの方には 通じていないようで
途中で 私の方が諦めました。

確かに ダウンさんが出来なかったら収入にはなりませんから
ダウンさんは金づるかもしれません。(言葉は悪くても)

ですが 私達は
自分の収入のためにはじめたビジネスであっても
自分の収入のためだけにビジネスをしているわけではありません。

ダウンさんが出来れば ダウンさんのために
ダウンさんにダウンさんが出来れば ダウンさんとダウンラインさんのために
力を注いでいます。

ダウンさんの成功が 私達アップの成功

なのです。


ダウンさんに資料請求が来ると 無条件で喜びます。
参加表明の報告をうけると 泣いて喜びます。


それは ダウンさんのそれまでの顔晴りを知っているからです。
その顔晴りに対する成果に対して

無条件で 嬉しいのです。

喜びを共有しているのです。


私のパートナーさん達・各リーダーさん達も
ダウンさん・ダウンラインさんのために 誠心誠意尽くしています。


そこに人とのつながり・信頼関係・パートナーシップが生まれ
そしてやりがい・満足感・充実感も生まれてきます。


まず アップがダウンのために色々手を尽くすこと~に対して

自分はあなたの「金づる」なんだから
それくらいしてくれても「当たり前」「当然の権利」でしょ

と 想われること
そして

自由に組み替えをしても何ら問題がない

と 安直にお考えになる自己中心的・利己的な考え方

が ものすごく 残念だと想いましたし


私達の活動をバカにしてほしくない


そう想いました。


結局 それらの想いは 伝えずにお断りしました。

その後 この方のご家族の方から ご連絡をいただきました。

manamiさん、うちの●●が大変失礼なこと書いてごめんなさいねー
manamiさんがんばってらっしゃってー
これからもお身体大切に


申し訳ありませんでした。


そして

ありがとうございました。

manami