スマホ・タブレット等モバイルツールの普及率が高くなり
ビジネス活動がモバイルで 細切れ時間にできるようになりました。
さらに 地下鉄の駅やカフェ・コンビニなど
街のあちこちで公衆無線LAN(Wi-Fi:ワイファイ)のサービスが使える場も増え
通信料が抑えられる高速インターネットが利用出来るので
とっても便利♪になりました。
が ココで気をつけたいのがセキュリティ。
一般的に家庭で使われる無線LANは通常パスワード(暗号化キー)によって
情報が暗号化されているので 送受信時の情報を盗み取られるリスクは低いのですが
多くの人が利用出来るようパスワードが公開されていたり
パスワードを設けていない公衆無線LANは
暗号化のレベルが低かったりすることがあり
その場合は その飛ばしている情報が傍受されてしまう可能性も否定出来ません。
ポイントは「鍵アイコン付」のWi-Fiを利用すること。
鍵アイコンのついていないWi-Fiは登録等の手間がないため
簡単に利用することが出来 気軽に使いたくなってしまいますが
中には 盗聴目的で飛ばしているWi-Fiもあるため
(全部が全部~と 疑ってしまったら失礼かもしれませんが)
個人情報を取り扱う大切な仕事なので
万が一を考え 利用しないのが一番です。
特にメールは「平文」でやりとりされるので 送信は控えるべきでしょう。
大切な情報をやりとりする場合は
サイトがSSL(情報暗号化システム)で暗号化されていることを
確かめてからにしましょう。



ノマドワーキングとして公衆無線LANは可能性も広がりますが
くれぐれもセキュリティには気をつけてビジネスしたいですね。
ビジネスとしてノマドを実践するなら
ベストな方法は スマホをモバイルルーターとして利用し
(通信料も負担して)各自の責任でインターネット利用をすること デスネ。
参考ページ:
『メールの盗聴・改ざんに負けない”正しい電子メール暗号化”とは』
http://www.atmarkit.co.jp/ad/sflash/0810encryption/pgp/at081007.html
『暗号化による<情報漏えい> 対策のしおり』
http://www.ipa.go.jp/security/antivirus/documents/12_crypt.pdf
『秘密鍵・公開鍵を作ろう 公開鍵暗号方式PGP』
http://allabout.co.jp/gm/gc/296752/