1分でできるお勧めマイレポート設定

ネットワークビジネスのパートナー獲得活動及び愛用者獲得活動を
インターネット上(ウェブページ)でしている場合
アクセス解析は欠かせないツールです。



グーグルアナリティクス(Google analytics)は
無料で80項目以上ものレポートがあり 高機能かつ大変素晴らしいアクセス解析ツールです。

あのgoogleが無料で提供している解析ツールなので
信頼度は高いですし
何より 無駄な広告が一切入らないのでSEOでも邪魔になりません。(笑)

しかし 高機能であるがゆえの弊害として
どのレポートを見たらいいかわからない
グラフや数値を見て次のアクションをどう起こしたらいいか
が わかりにくいです。


Google もその問題に気づき
80個以上のレポートの中からマイレポートとして
自分の好きな分析項目を表示できるように改善されていますが
それでも初心者にはどれをマイレポートに登録すべきか
が 難しいです。

そこで12項目のおすすめマイレポート設定マニュアルを紹介します。

このマニュアルがあれば 1分でマイレポート設定が完了します。
次回ログインからわかりやすい分析項目で解析
           → アクションを起こせるようになります。

◆お勧めマイレポート設定一覧
 <マイレポート>
  ・トラフィック サマリー
  ・検索エンジン
  ・キーワード
  ・参照サイト
  ・閲覧開始ページ
  ・サイト滞在時間
  ・平均ページビュー数
  ・タイトル別のコンテンツ
  ・離脱ページ
  ・訪問頻度
  ・新規ユーザーとリピーター
  ・日本地図上のデータ表示


※コンバージョン設定はあえてはずしています。
入れる場合は日本地図と切り替えてください。

◆1分間設定&解説デモ動画


■解析項目の解説

入り口から出口まで流れるように分析できるのを意識して設計しています。

閲覧者がどのように訪問したか
訪問した方はどのようにページ内を行動しているか
どのページが人気が高く どのページに問題があるか など
ユーザーの特徴を詳しく分析し サイト改善のアクションにつなげます。

●サイトの利用状況

ポイントは「セッション」「平均ページビュー」「直帰率」です。

・セッションは訪問者数とほぼ同義ですので 増えるにこしたことはありません。

・平均ページビューは1セッションあたりの閲覧ページ数です。
数値が低いと魅力がないと判断されている可能性が高いといえます。

サイトによって異なりますが 3ページ~5ページを目指したいですが
8ページ~10ページを越えていると 逆に迷子の可能性もあります。

・直帰率はサイトに訪れてそのまま帰ってしまう訪問者の割合です。
こちらもサイトによりますが 40%以下を目指したいところです。
70%以上あればコンテンツに問題があると考えられます。

●トラフィック サマリー

訪問者はどこから来ているかの割合がグラフで一目瞭然です。
割合はサイトの戦略によって異なるので一概にはいえませんが
検索エンジンからのアクセスは多い方が望ましいといえます。

●検索エンジン

文字通りどの検索エンジンからきているかが詳細に見れます。
Yahoo!に強くGoogleに弱いなど
あなたの検索エンジン対策の戦略を見直す判断材料になります。

●キーワード

検索エンジンからアクセスされたキーワードです。
どのキーワードでアクセスされているか
または予測していなかったキーワードが伸びているなど
SEO対策には欠かせない項目です。

HP売上プラスのキーワードランキングと併用すると、効果的です。

●参照サイト

検索エンジン同様に分析が重要である参照サイト。
つまりいずれかのサイトからリンクがはられ 
あなたのサイトにアクセスされた理由になっているアクセス元サイトです。

急にアクセスが増えた場合など 参照サイトが理由であることが多いです。
アクセス元の参照サイトを増やすことは
SEO対策的にも アクセスを増やすためにも非常に重要です。

●閲覧開始ページ

検索エンジンからのアクセスは全てトップページからではありません。
様々なキーワードで意外なページが入り口になっているケースがあります。
トップページ以外から入った閲覧者にもコンテンツを目的通りに見せる工夫が重要です。

閲覧開始ページで直帰率が高いページがあれば そのページは問題ありです。

●閲覧時間

閲覧者がサイトを開始してからの閲覧時間です。
目的の内容がページ内にあれば必然的に閲覧時間は伸びていきます。
10秒以内に立ち去られている比率が高いのであれば
閲覧開始ページとコンテンツ自体を見直す必要があります。

アクセス数が多くても閲覧時間が短ければ
成果が出ない自己満足のサイトで終わってしまいます。

●滞在中のページビュー数

平均ページビューの項目だけだと
ページビューが多い方と少ない方の平均であるため正確な数値がわかりません。
詳しいページビューの割合は こちらの項目で分析して把握する必要があります。

●タイトル別のコンテンツ

どのページが最も閲覧されているかが把握できます。
誘導したい目的ページは閲覧数は増えていますか? 直帰率は低いですか?

●離脱ページ

残念ながらあなたのサイトから離脱されていった閲覧者を分析する項目です。
離脱者がいないサイトはありませんが ザルの目をより細かくするイメージで
閲覧者の取りこぼしは一人でも減らしたいものです。

●訪問頻度

物販のサイトであれば特に重要なのが訪問頻度です。
リピーターの方が何回目の訪問で購入されているかを分析して
個別のキャンペーンを打ったりする戦略も効果的です。

●新規ユーザーとリピーター

訪れている閲覧者は初めてなのか リピーターなのか。
こちらも一概に良い割合というのはいえませんが
リピーターが少ないのも問題ですし 新規が取れていないのも問題です。
新規とリピーターのセッション数を見ながら
訪問頻度や購入ユーザーの分析をしていくことが重要です。

●日本の地図上のデータ表示

地域が特定されているサイトには特に重要なデータです。
インターネットに距離は関係ありませんので
単純にアクセス数を増やしたとしても 見込み客かどうかわかりません。
地域に絞ってターゲットを呼び込めているかを分析します。

私たちのネットワークビジネスに地域性は関係ありませんが
この地図をエンターテイメント的に導入し
どの地域からどのくらい見られているかを楽しみにして
全国にアプローチしています。

いかがですか?
無料ツールなので ぜひあなたのサイトでも有効にお使いくださいね。