ブラインド勧誘とは
『本来の目的を相手に告げずに面会の約束をとりつけ、面会した時に勧誘する行為』
(目的隠匿型勧誘)をいいます。

例えば
「久しぶり♪コーヒー飲まない?」
「ライブハウスいかない?」
「ママ友ランチしない?」
など『逢う』ことを誘い
実際逢ってみたら、MLMの勧誘だった
ということが、ブラインド勧誘と呼ばれる行為です。

この行為は
『連鎖販売取引に対する規制』の「特定商取引法」のなかで
禁止された、違法行為です。

「連鎖販売取引に対する規制」 > 禁止行為(法第34条)
勧誘目的を告げない誘引方法(いわゆるキャッチセールスやアポイントメントセールスと同様の方法)によって誘った消費者に対して、公衆の出入りする場所以外の場所で、特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘を行うこと。
消費者庁HP http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204009.html より引用。

相手は
久しぶりにおしゃべり楽しみ♪
とか
ライブハウス楽しみ♪
とか
誘った文言通りのことを期待してきてくれるわけです。

それなのに、それなのに・・・
逢って、喫茶店に入ったら、ライブハウスに行ったら
なんか雲行きが違う・・・

え? 向こうは複数なの??

相手は「そんなこと聞いてない」「裏切られた」「騙された」と感じ、
あなただけではなく、MLM業界に対しても、
「不快」「疑心」「嫌悪」という感情をもたれるのではないでしょうか?

だから余計に、ネットワークビジネス・MLMが悪者になっちゃうのよっ!

実態を隠して勧誘され騙されたと感じた人は、
それ以後、ネットワークビジネス・MLMに対して、
良いイメージは持たないでしょう。
(良くでも0。マイナスイメージの方が強くなるのではないかと想います。)

その結果、悪いイメージのあるネットワークビジネス・MLMだから
隠して勧誘するしかない?!
負のスパイラル・・・悪循環です。

セールスが素人すぎます。

最初にも書きましたが、ブラインド勧誘は違法行為で禁止されています。

決して行ってはいけません。

負の種を蒔いた、先輩ディストリビューター。

私達、後人は、負の産物を刈り取りながら土壌を整え、
プラスの種を蒔いていけるよう地道に活動し、
いつかプラスの花が咲く花畑が出来るよう努力していかなければならないと想います。